シルバーアクセサリーのブランド「Hizm」がお届けする〜シルバーアクセについて〜

シルバーアクセに刻印されたSILVER925について リングなどのシルバーアクセをお探しなら

シルバーアクセのブランドHizmのリング

シルバーアクセを購入された方はリングの内側やアクセサリーの裏面に925や950と刻印されているのを見たことが有るかと思います。
実はこれ、全体の92.5%が銀で残りの7.5%は別の金属(多くの場合は銅)で構成された銀合金であることを1000分率で表記したものです。
純銀は金属的にとても柔らかい素材なので日常的に衝撃に晒されるシルバーアクセ等に向いていません。
多くの金属が持っている他の金属と混ぜることで100%純粋な金属より硬くなるという性質を利用して銀は古来よりアクセサリーや調度品の素材として使用されています。
925の他にもSV、SV925、SILVER、SILVER925、STERLING、STERLING SILVERとも表記されることがりますが全て同じ含有率92.5%の銀合金であることを表記しています。 シルバーアクセのブランド“Hizm”ではSILVERと表記されている場合は925を使用しています。

大きく分けて2つの製造法〜鋳造と鍛造について〜

シルバーアクセには大きく分けて二種類あり銀の合金を叩いたり曲げたり伸ばしたり切ったり貼ったりしてできる鍛造物(たんぞうもの)と原型を製作し石膏で鋳型を作り溶かした銀を流し込んで作る鋳造物(ちゅうぞうもの)があります。
鍛造物は鋳造物よりも光り輝く仕上げに向いていて鋳造物は鍛造物では難しい細かい作りや立体製作が可能です。

彫り物やインディアンジュエリー、銀細工などで鍛造物が多く、量産が可能な細かいデザインのされたアクセサリーでは鋳造物が使われます。 どちらの製造法にも得手不得手があり一概にどちらが優れているというわけではないのでアクセサリー職人は造るもののデザインによって方法を選択してます。

シルバーアクセブランド“Hizm”では

シルバーアクセのブランドHizmが制作するリングなどのアクセサリー

シルバーアクセのブランド“Hizm”ではシルバーアクセは数少ない色の中で表現する水墨画のような物として捉えています。
表現したい物の表情に合わせ叩き締めたり、一度磨き上げてから敢えて光沢を鈍らせたりするなど一手間二手間かけることで同じ黒や光沢の中にも豊かな表情を持たせています。
一見グロテスクに見えるデザインの中にもハンドメイドだからこそ出来る拘りの仕上げを心がけています。


シルバーアクセの裏抜きについて

シルバーアクセのブランドHizmが教える、リングなどのシルバーアクセの裏抜き

大振りのシルバーアクセサリーでよく裏抜きや中抜きが何のためにあるのかご存知でしょうか。
軽量化によるコストを下げるという効果を狙ってということもありますがグラムで数千円もかわる金とプラチナと違いシルバーではそこ迄のコスト削減にはなりません。
極端な厚みの差を作らないということは鋳造で欠陥なく正確に物を造る上で重要なファクターであることが主な理由です。 塊になるほど空気を巻き込みやすくなることなども挙げられます。

溶かした銀を流し込み製造する鋳造について

鋳造物の場合、石膏で作った鋳型に溶かした銀を流し込み製作しています。 銀はとても熱伝導率の良い素材なので熱しやすく冷めやすい特徴があります。 極端に厚みの差があると薄い部分が冷めやすく、厚い部分は冷めにくくなります。

物質は熱で膨張し、冷えると収縮するので冷めるペースがある程度一定でない場合冷めたところから収縮しまだ冷え固まってない部分を引っ張る事になります。 すると完成品が歪んでしまったり、場合によって内面に亀裂を引き起こす場合が有るためなるべく極端な厚みの差を付けない様に裏抜きは存在しています。

シルバーアクセ・リングの裏抜きの活用法について

シルバーアクセ・リングの裏抜きの活用法について 1
シルバーアクセ・リングの裏抜きの活用法について 2        

実はこの裏抜きを利用すると普段のサイズより小さいサイズのリングを使用することが可能なのはご存知でしょうか?
裏抜きの有るリングはその構造上、実際に指に接触し支えてる部分は真円ではなく楕円の形状を取ることが多々あります。
ですので90度回転させて指に通し第二関節を越えてから正位置に戻すとスムーズに着脱が可能です。

総重量が30g後半から40g以上の重量のあるリングを購入されたことがある方はリング自体の重さでぐらつく、緩い等の経験をしたことがある方がいるかもしれません。 前述の様に着脱する場合、裏抜きのあるリングに限り、普段使用されてるリングより0.5号から1号程サイズを下げることでぐらつきを抑えることが可能なことがあります。

リングのデザインや指の形にも個人差があるので体にフィットするものをお求めの方は是非アトリエまでお越しください。
体に合ったシルバーアクセを末永くお使い頂くためにHizmではWEB STOREのリングは1号刻みとなっておりますがご要望がありましたら0.5号刻みでご用意いたしますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

シルバーアクセブランド“Hizm”では色々な角度から造形を楽しんで頂くため通常のアイテムよりボリュームのある立体的なアクセサリーが多いため、リングには裏抜きを施してあります。


シルバーアクセのブランド「Hizm」のリングをお求めください

店名
atelier gallery Hizm
住所
〒111-0041 東京都台東区元浅草4-6-10 伊藤ビル1階
電話番号
080-3390-2150
Web Store

お役立ちコラム

シルバーアクセブランド・Hizmではリングなどのアクセサリーを制作しております。

シルバーアクセのブランド「Hizm」では、リングなどのアクセサリーを一つ一つハンドメイドで仕上げております。 人間の本質を表現したリングなど、独特な世界観を持ったシルバーアクセとなります。 リングの裏側などにレーザー刻印を行うことも可能ですので、 オリジナルのシルバーアクセをお求めなら、お気軽にお問合せください。